« 母の日に・・・ | トップページ | 驚きの新宿 »

音楽座ミュージカル「メトロに乗って」

movieグランベリーモールで音楽座ミュージカル「メトロに乗って」を見てきました。

直木賞作家の浅田次郎さんの小説がミュージカルになったのは、話題になっていたので知っていました。

その舞台がそのまま映画館で上映されるとは。実際に見るまでは、どんなだろう?と思っていましたが・・・

一人のサラリーマンが、兄の死が原因で、仲たがいしたままの父親の過去をタイムスリップしていくストーリーは、しっかりとした原作にもとづいていて劇的で感動ものです。

この映画では、劇場ではなかなかみることのできない、出演者の瞳の輝き、表情、流れる汗などがアップではっきりと見ることが出来ますし、絶妙なカメラワークによって、劇場の臨場感や、出演者同士の微妙な感情もよみとれます。

主人公をとりまく家族、兄弟、関係者たちのひとりひとりの過去が深い意味をもち、絡み合いながら、せつなくて悲しいラストにつながっていきました。

「忘れることで希望の光が見えてくる」・・・思ってもいなかった悲しいラストでした。

見終えた後は、映画?ミュージカル?不思議な感覚の感動が残る作品です。

映画好きな人も、ミュージカル好きな人も、もちろんこのミュージカルを見た人にもぜひ、体験してほしいと思います。

音楽座ミュージカル「メトロに乗って」

|

« 母の日に・・・ | トップページ | 驚きの新宿 »

懸賞・記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1023947/20896015

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽座ミュージカル「メトロに乗って」:

« 母の日に・・・ | トップページ | 驚きの新宿 »